AMP(Accelerated Mobile Pages)

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは、モバイルデバイス(スマホ)向けページの表示を高速化するように設計された「モバイルフレンドリー」なウェブページ形式のことを指し、「アンプ(AMP)」と言います。

当初Accelerated Mobile Pagesは、モバイルでのウェブサイトを高速化することを目的とし、2015年10月7日に発表された(オープンソース)プロジェクト名でした。

そのプロジェクトは、Googleを中心にVox Media、La Stampa、Buzzfeed、The Washington Post、Twitter、朝日新聞、毎日新聞、産経デジタルなど30社以上が参加し、

  • モバイル(スマホ)のロード時間を短縮すること
  • ニュース記事等のスマホ検索時のウェブページを高速で表示させること
  • ウェブページを表示するまで読み込みを待つ状態を回避すること
  • 検索エンジンを利用してよりニュース記事を読んでほしいこと

等を目的とし、2016年2月頃からGoogleの検索エンジンに表示されるようになりました。

公開当初は、ニュースサイトのみのAMP対応が多かったですが、ページエクスペリエンスシグナルに導入されるコアウェブバイタル(Core Web Vitals)などの影響もあり、現在対応するウェブページが増えています。

また、AMPに対応しているページは検索結果に「⚡」のマークが表示されます。

AMPに対応しているページは検索結果に「イナズマ」のマーク

当サイト「SEO百科事典」のコンテンツページもAMP対応のため「こちら」から確認してみてください。

SEOに与える影響

AMP対応が直接SEOに与える影響はありません。しかし、SEOを行っていく上では必要不可欠な部分になりつつあります。

理由としては、Googleは「モバイルファーストインデックス(MFI)」に移行すること、さらにコアウェブバイタル(Core Web Vitals)が2021年5月から「ページエクスペリエンスシグナル」としてランキング要因となります。

これらのことで、ウェブサイトの速度、「モバイルフレンドリー」をGoogleが重視しており、AMP対応を行うことでSEOに影響を与える可能性が高いと考えられます。

※AMP対応を行わなくても、モバイルフレンドリーはコアウェブバイタル(Core Web Vitals)の基準をクリアしていれば問題ありません。

AMPの歴史

2015年10月7日:AMPプロジェクトを発表

GoogleやTwitterをはじめとする30以上の会社と一緒に、モバイルページのロード時間を短縮(加速)させるプロジェクト、Accelerated Mobile Pages(アクセラレイティッド・モバイル・ページ)通称AMP(アンプ)を「Introducing the Accelerated Mobile Pages Project, for a faster, open mobile web」で発表。

2015年12月:AMP対応した記事の構造化データの仕様を公開

GoogleはAMP対応した記事の「構造化データ」の仕様を旧デベロッパーツールで公開しました。

現在では同ページで、非AMPとAMP対応した記事の構造化データの仕様を確認することが可能です。

2015年12月:WordPress公式のAMPプラグインVersion 0.1をリリース

WordPress公式のAMPプラグインVersion 0.1をリリース

  • プラグイン名:AMP
  • 作者: AMP Project Contributors

現在でもVersion 2を更新中です。

2016年1月:AMPのレポートをSearch Consoleで提供開始

AMPのエラーレポートをSearch Consoleにて、提供を開始することを「AMP error report preview in Search Console」で報告しました。現在もAMPエラーレポートを見ることが可能です。

2016年2月:AMPでの広告表示及び解析ツールのサポートを開始

AMPプロジェクトの公式ページで、AMPの広告表「BUILDING THE FUTURE OF EMAIL WITH AMP(AMPを使用したメールの未来の構築)」と解析ツール「ANALYTICS AND MEASUREMENT FOR AMP(AMPの分析と測定)」のサポートを開始したことを発表しました。

また、同時にGoogleアナリティクスもAMPページの分析に対応したことを「Announcing GA Support for Accelerated Mobile Pages (AMP) Analytics」で報告しました。

2016年2月:会員登録や定期購読ページのコンテンツにAMPが対応

AMPプロジェクトは、会員登録や定期購読ページのコンテンツにAMPが対応したことを公式ページの「AMP: SUPPORTING PAYWALLS AND SUBSCRIPTIONS(ペイウォールとサブスクリプションのサポート)」で発表しました。

2016年2月:AMPに対応したモバイル検索結果をGoogleがリリースし、トップニュースに表示

2016年2月23日に、GoogleがAMPに対応したモバイル検索結果「トップニュース」を表示しました。

AMPに対応したモバイル検索結果をGoogleがリリースし、トップニュースに表示

Googleからの公式発表はありませんでしたが、当初は⚡マークと共にAMPの表示がされていました。

2016年5月:AMPの拡張機能を公開

AMPプロジェクトは「MENUS, SHARING, AND DYNAMIC CSS CLASSES IN AMP」にて、AMPの拡張機能、サイドバー、アコーディオン、ソーシャルシェア、ダイナミックCSSに対応したことを発表しました。

AMPの利便性が向上し、対応するウェブサイトも増え、米国の大手レシピサイトがAMP対応を行いました。

また、2015年10月にモバイルからAMP対応ページのデモを確認することができるように告知しており「AMP対応ページデモ」をスマホでクリックし、検索ワードに入れることで以下の画像のようなデモが表示されます。

2016年6月:日本のGoogleニュースでAMPサポートを開始

日本のモバイル検索結果に、「トップニュース」と「おすすめ」が表示されるGoogleニュースでのAMPサポートをGoogleは開始しました。

2016年9月:GoogleがAMP対応を推奨

Googleの公式ブログで「What is AMP?」を公開し、ニュースサイトやブログサイト、レシピサイト、ショッピングサイト(ECサイト)に対して、GoogleがAMP対応を推奨しました。

AMP対応はSEOの恩恵を受けることが出来るのかという議題が多く上がりましたが、現在でもAMPは直接のランキング要因ではありません。

2016年10月:AMPテストツールを公開

Googleは公式ブログ「Using AMP? Try our new webpage tester」にて、AMPが正しく設定できているか確認するツール「AMPテストツール」を公開しました。

リニューアルを繰り返し、現在は「AMPテスト」として利用することが可能です。

2016年10月:Googleのモバイル検索結果すべてにAMP対応ページを表示

日本のGoogleモバイル検索結果すべてのページに、AMP対応したページが表示されるようになり、公式ブログ「モバイルウェブを速く、快適に − AMP プロジェクト 1 周年」で発表しました。現在のAMPの仕様と差ほど変わりません。当時は⚡マークと「AMP」という文字が表示されていました。

2016年10月:AMPカルーセル内のレシピ対応をしたリッチカードを提供開始

Googleは公式ブログの「Introducing Rich Cards」で、レシピのリッチカードを世界中に公開したことを発表しました。現在でも、多くのレシピサイトが対応しています。

2016年12月:Google画像検索もAMP対応

Google画像検索においてもAMP対応が行われ、当時は⚡マークと「AMP」という文字が表示されていました。

2017年9月:強調スニペットのAMPのリンク掲載

Googleはモバイル検索結果において表示する「強調スニペット」にAMP対応のラベルと、AMPページのリンクを掲載するよに改良を加えました。

2017年11月:Yahoo!検索がモバイル検索結果でAMP対応

Google検索から遅れること約1年、Yahoo!の検索結果にもAMP対応のモバイル検索結果が表示されるようになり、当時は⚡マークと「AMP」という文字が表示されていました。

コメント・フィードバック

フィードバックいただいた、SEOへのご意見や見解は内容を管理者が確認し、当文章に掲載される可能性がございます。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
AMP(Accelerated Mobile Pages)

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは?

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは、モバイルデバイス(スマホ)向けページの表示を高速化するように設計された「モバイルフレンドリー」なウェブページ形式のことを指し、「アンプ(AMP)」と言う。

Accelerated Mobile Pagesは、2015年10月7日に発表された(オープンソース)プロジェクト名であり、モバイル(スマホ)のロード時間を短縮すること等を目的に開始された。

SEOに与える影響としては、AMP対応が直接SEOに与える影響はない。しかし、Google検索がモバイルファーストインデックス(MFI)への完全移行や、コアウェブバイタル(Core Web Vitals)が2021年5月よりランキング要因となり、ウェブサイトの速度、「モバイルフレンドリー」を重視するために、AMP対応が必要不可欠となる場合がある。

 

SEO百科事典

SEO百科事典

このSEO百科事典は、SEOの知識データベースであり、備忘録として作成・更新しているウェブサイトです。

Google等の検索エンジンのSEOについての正確な情報及び、当サイトの見解・考察を掲載しながら、閲覧ユーザーの方からのコメントの繁栄、又は質問への回答の反映などを行い、正しい「SEO百科事典」を作ることを目的としています。

 SEO百科事典HOMEへ

 Google検索品質評価ガイドライン(日本語訳)

 運営者情報

 お問い合わせ

 開発ログ