レンタルサーバー(共用サーバー)

レンタルサーバーとは、一般的に1つのWebサーバーに対し、CPUやメモリ、サーバーOSやアプリケーション、HDD・SSDのハードウェアリソースを複数人でシェアするサーバーのことを言います。また、「共用サーバー」「ホスティングサーバー」とも呼ばれます。

レンタルサーバー(共用サーバー)

1つのWebサーバーをシェアするため、基本的には他のサーバータイプ(VPS、専用サーバー、クラウドサーバー)の中で一番価格帯が安く、最も自由度が低いサーバーとなります。

SEOに与える影響

レンタルサーバーがSEOに与える影響としては「ウェブサイト・ウェブページの読み込みスピードとの関係性(サーバーの応答時間)」が一番に挙げられます。

さらに、現在のSEOはコンテンツ品質を軸とする、ウェブサイトの速度や「モバイルフレンドリー」をGoogleは重要視しています。

モバイル検索を対象にした「スピードアップデート」が行われたことや、今後ランキング要因となる「コアウェブバイタル(Core Web Vitals)」のページの読み込み時間:LCP(Largest Contentful Paint)などの指標もあります。

また、ウェブサイト・ウェブページのスピードは、利用しているサーバーのみが原因ではないことが多く、例えばスペックが高いレンタルサーバーを利用したとしても、スピードが確実に向上するとは限りません。

現時点であれば、極端に遅いページの回避が出来ればSEOに与える影響は少ないと考えられますが、コアウェブバイタル(Core Web Vitals)が2021年5月にリリースされることが予定されているため、レンタルサーバーのサーバーの応答時間等は重視する必要があると言えます。

他と共用することでのSEOの影響

2020年9月に公開された、「LONG TERM SHARED HOSTING EXPERIMENT(長期共有ホスティング実験)」では以下のようなことが述べられています。

この実験の結果は、安価な共有ホスティング(共用サーバー・レンタルサーバー)が、実際に低品質でスパムの可能性のあるウェブサイトと一緒にホストされている場合、すべてのウェブサイトが監視されている場合、実際にホストされているウェブサイトのオーガニックパフォーマンスとランキングに悪影響を与える可能性があることを示唆しています。

米国でSEOブログを運営するバリー・シュワルツ氏の見解によると、この実験で低品質・スパム性のある近隣のサイトでの安価な共有ホスティングは、実際にGoogleのランキングに影響を与える可能性があると述べています。

しかし、Googleのジョン・ミューラー氏はこの研究に異議を唱え。以下のようにそれは実際には真実ではなく、Googleではそのように機能しないと説明しています。

つまり、「低品質のウェブサイトが多数あるレンタルサーバーはSEO・ランキングに影響がない」という結論となり、「他のウェブサイトと多く共用するレンタルサーバーを利用しても、SEOに関係がない」ということになります。

Googleの回答

以下のTwitterでは、長期共有ホスティング実験での意見が交わされています。

要点をまとめると、

  • 人工的なサイトは、通常Google検索で特定の効果を示すことはほとんどないということ
  • AWS(Amazon Web Services)も共用ホスティング(レンタルサーバー)に入るという認識を持っていること
  • IPを考慮に入れるランキングアルゴリズムは知らない(Google検索には存在しない)ということ
  • (低品質でスパムの可能性のあるウェブサイトと)同じIPアドレスですばらしいサイトがあること
  • 優れた/高速/安定したサイトを作ることはランキングに反映されますが、ランキングが主な理由ではないこと

などの見解が伝えられています。

Googleのジョン・ミューラー氏のツイッター

「とにかく共有ホスティングとは何か」の技術的側面は別としたとしたら、例えばAWS(Amazon Web Services)も共有ホスティングです。

Googleのジョン・ミューラー氏のツイッター

このようなIPを考慮に入れるランキングアルゴリズムについて、私は知りません。 Bloggerを見てください。ホストされているすばらしいサイトがあり(ページ上の制限などを無視して)、そこにホストされている恐ろしいサイトがあります。すべて同じインフラストラクチャ、同じIPアドレスです。

Googleのジョン・ミューラー氏のツイッター

安価なホスティングよりも優れたホスティングを選ぶ理由はたくさんあります。ユーザーを満足させる、優れた/高速/安定したサイトを作ることはランキングに反映されますが、ランキングが主な理由ではありません。

SEOに最良のレンタルサーバー選択法

どのようなスペックがSEOに最良のレンタルサーバーなのかを説明していきます。

独自ドメインが設定できること

安価なレンタルサーバー会社や選択するプランによっては「独自ドメイン」が設定できない場合があるので、注意してください。

SEOを継続的に行っていくのであれば、独自ドメインが最適だと言え、サブドメインよりもルートドメインを利用したサブディレクトリの方がSEOの観点から優先されます。
引用:独自ドメインより

そのため、独自ドメインが設定できることは必須条件です。

ディスク容量に不安がないこと

ディスク容量とは、レンタルサーバー内で利用者が使えるスペースを表しており、「GB(ギガバイト)」や「MG(メガバイト)」で表示されている場合が多いです。

ディスク容量が足りなくなった場合、サーバーのパフォーマンスが低下し、最悪の場合シャットダウンする可能性があります。

アイデアマンズ株式会社がGoogle Lighthouseを利用した定点観測結果によると、ウェブサイトの1ページの容量は平均で2.43MBとなります。

そのため、以下を参考にしてください。

  • 100ページの場合の容量:243MB(0.24GB)
  • 1,000ページの場合の容量:2430MG(2.43GB)
  • 10,000ページの場合の容量:24300MB(24.3GB)

1万ページあった場合でも24.3GBのディスク容量で収まるため、100GBや200GBもいらないと考える場合が多いですが、メールサーバーと共有して利用する場合や、複数のウェブサイトを運用する場合、画像を多く利用する場合などは、余裕を持った容量を選択しましょう。

ディスク容量が増えるほど、レンタルサーバーの月額費用が上がる傾向にあるため、お勧めは100GB以上を選択することです。

SSDを搭載しているか確認すること

今までは、HDD(ハードディスクドライブ)を利用されていましたが、HDDと比較してSSD(ソリッドステートドライブ)は処理速度・耐久性などに優れており、読み書きの速度(処理速度)が速く、表示速度は約3倍の違いがあります。

レンタルサーバーの値段が高くなる可能性がありますが、SSDが支流になりつつあるため、現在では比較的低価格でSSD搭載のレンタルサーバーも増えています。

高速なウェブサーバーソフトウェアを選択すること

Webサーバーソフトウェア」は、インターネットを利用し、Webページを見る場合に、Webブラウザを通じてWebサーバーに「要求」を出し、それに対して「応答(レスポンス)」を返すプログラムのことを言います。

主にレンタルサーバーでは、Apache(アパッチ)、nginx(エンジンエックス)、LiteSpeed(ライトスピード)などがありそれぞれ特徴があり、nginx、又はLiteSpeedを推奨します。

WordPressを利用する場合は専用のキャッシュプラグインがあるLiteSpeedがお勧めです。また、大量の同時アクセスの処理に最適化され、静的コンテンツの配信に特化したnginxを選択しても良いです。

HTTP/2のサポートを確認すること

HTTP/2」は2015年に公開されたHTTP/1.1の最新バージョンであり、「複数のリクエストを同時に処理することができる」ため、ウェブページの読み込み速度が向上する(クロールが効率化する)特徴があります。また、Googleでも2020年11月からHTTP/2を介して一部クロールを開始しています。

そのため、レンタルサーバーを選択する場合は極力「HTTP/2 あり」や「HTTP/2対応」のレンタルサーバーを選択することを推奨します。

1日の転送量に不安がないこと

レンタルサーバーの1日の「データ転送量」は決まっている場合が多いと言えます。

データ転送量を超えた場合、(各レンタルサーバー会社によって異なりますが)ページにユーザーがアクセスしにくくなる可能性があるため、SEOの不利益を被る可能性があります。

また、サーバーからの警告やプランの見直しを告げられるケースもあります。

目安としてウェブページ1ページのファイルサイズは2.43MBのため(Google推奨は1.6MB)、月間100万PVを目指す場合は1日約80GB(月間約2,400GB)の転送量が必要です。

転送量はレンタルサーバーのスペック表に記載がない場合もあるので、注意して確認してください。

SSLサーバー証明書の設定を確認すること

ウェブサイトを「HTTPS」化(常時SSL化)することでSEOの恩恵を受けることが出来ますが「SSLサーバー証明書」は年単位で費用が掛かり、ドメインよりも高くなります。

そのため、無料のSSLサーバー証明書(Let’s Encrypt / レッツ・エンクリプト)の設定が出来るレンタルサーバーを選択しましょう。

無料ですが、一般的に販売されているSSL証明書とは暗号強度に違いはなくSEOの恩恵を受けることが可能です。

バックアップ体制とRAIDレベルを確認すること

サーバーのトラブルで一番怖いことは、サーバー内のデータが消失してしまうことです。

(滅多に起こることはありません。WordPressを利用し「All-in-One WP Migration」プラグインなどで独自で復元することが出来るスキルがあれば、問題ないと言えます。)

  • レンタルサーバーのバックアップ体制・復元体制、それらにかかる金額の確認
  • RAID(レイド)レベルの確認

以上を行っておきましょう。

RAID(レイド)は、ハードディスクが故障した場合でもデータ復旧・アクセス可能であり、安全性を担保することが出来る技術です。

しかし、RAIDレベル(モード)は複数あり、

  • RAID1(ミラーリング)
  • RAID6(ダブルパリティレイド)
  • RAID10(ミラーリング+ストライピング)
  • RAID50(分散パリティ+ストライピング)

いずれかのRAIDレベルを選択するようにしましょう。また、RAIDは負荷分散を分散することにより、処理速度が向上する可能性があります。

補足:WordPressを利用する場合

WordPressを利用し、サーバーの知識があれば、超高速CMS実行環境「KUSANAGI」の選択も視野に入れることをお勧めします。

KUSANAGIとは、プライム・ストラテジー株式会社が開発した高速のCMS実行環境で、WordPressが超高速に動作するWebサイト環境の仮想マシンの名称で、とても高速です。

しかし、レンタルサーバーでは「カゴヤのWordPress専用サーバー」の1社みが対応しており、値段がとても高いです。(専用サーバーでは「CPI root権限付専用サーバー」、VPSでは「Conoha VPS」が該当します。)

そのため、サーバーの知識等がある方は検討してみてください。

良くある質問

レンタルサーバー(共用サーバー)に良くある質問を掲載しています。

シンプルにお答えすると「影響します」という回答になります。

レンタルサーバーがSEOに与える影響としては「サーバーの応答時間」が一番に挙げられますが、それだけではありません。当ページの内容を確認してください。

サーバー移転の際にネームサーバーを変更するだけであれば、SEOや検索エンジンランキングに影響を与えることはありません。

しかし、移転するサーバーに問題がある場合、影響を与える可能性があります。

また、ドメイン名を変更する場合などは「301リダイレクト」の処理を行う必要があり、SEOや検索エンジンランキングに影響を与える可能性はあります。

レンタルサーバーは新しいプランが次々と出るため、現時点でかつ個人的な見解でお勧めのレンタルサーバーをご紹介します。

  • エックスサーバー:X10プラン以上
  • ConoHa WING:ベーシックプラン以上
  • mixhost:スタンダードプラン以上
  • ロリポップ:ハイスピードプラン以上
  • カゴヤのWordPress専用サーバー:グレード4プラン以上(KUSANAGIを利用する場合)

以上となります。

また、ご自身でスペック等は必ず確認してください。

コメント・フィードバック

フィードバックいただいた、SEOへのご意見や見解は内容を管理者が確認し、当文章に掲載される可能性がございます。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
レンタルサーバー(共用サーバー)

レンタルサーバーとは?

レンタルサーバーとは、レンタルサーバーとは、一般的に1つのWebサーバーに対し、CPUやメモリ、サーバーOSやアプリケーション、HDD・SSDのハードウェアリソースを複数人でシェアするサーバーのことを言う。また、「共用サーバー」「ホスティングサーバー」とも呼ばれる。

レンタルサーバーがSEOに与える影響としては「サーバーの応答時間」が一番に挙げられる。

 

SEO百科事典

SEO百科事典

このSEO百科事典は、SEOの知識データベースであり、備忘録として作成・更新しているウェブサイトです。

Google等の検索エンジンのSEOについての正確な情報及び、当サイトの見解・考察を掲載しながら、閲覧ユーザーの方からのコメントの繁栄、又は質問への回答の反映などを行い、正しい「SEO百科事典」を作ることを目的としています。

 SEO百科事典HOMEへ

 Google検索品質評価ガイドライン(日本語訳)

 運営者情報

 お問い合わせ

 開発ログ