Wikipedia(ウィキペディア)

Wikipedia(ウィキペディア)は、世界中のボランティアの共同作業によって執筆されるインターネット百科事典です。

SEOに与える影響に関しては、賛否両論あるものの、バックリンク(被リンク)獲得のためにWikipediaを利用することには何も意味がありません。

しかし、Wikipediaにウェブサイトや企業名が掲載されることは、そのウェブサイトの評判や名声につながる可能性が高いことから、高品質な「E-A-T」を獲得できる可能性があり、SEOに大きな影響を及ぼす可能性が高いと「」は考えています。

(Wikipediaに掲載されている時点で、信頼性・権威性は高いと言えてしまいますが。)

繰り返しになりますが、Wikipediaに会員登録し、自身でバックリンク(被リンク)を貼ることは、本当に価値がないため辞めておきましょう。

WikipediaがSEOに与える影響

Google検索において、強いPageRank(ページランク)を持つWikipediaは被リンクを得る対象となることを避けるべく、2007年1月に、すべての「発リンク」に対して「nofollow属性」を設定しています。

Wikipediaのnofollow属性

このことにより、Googleの「クローラー(Googlebot)」はリンクを辿り、その該当ページを評価することはありません。

つまり、Wikipediaから貰うバックリンク(被リンク)は、SEOの恩恵を受けることは出来ないと考えられています。

GoogleのWikipediaに関する回答

Googleのジョンミュラー氏は「Reddit」の「How can one get backlink from Wikipedia?(どうすればウィキペディアから被リンクを取得できますか?)」では、以下のように述べています。

GoogleのWikipediaに関する回答

WikipediaにランダムにリンクをドロップしてもSEOの価値はなく、サイトには何の影響もありません。あなたがしているのは、あなたのリンクドロップを削除するWikipediaのメンテナのために余分な作業を作成することだけです。それはあなたの時間と彼らの時間の無駄です。代わりに、サイトにとって長期的に役立つ何かを行い、永続的な価値のあるものを構築してください。

Google検索品質評価ガイドラインのWikipediaの記載

Google検索品質評価ガイドライン」は、Googleが外部の「検索品質評価者(評価者)」に向けて作成したガイドラインです。(注意:このガイドラインは、評価者に向けられたものであり、直接のSEOのことが書いてあるわけではありません。)

当ガイドラインには、

  • Wikipediaをウェブサイトの評判を判断する情報にすること
  • レピュテーション(名声)の情報検索に利用すること
  • 最も良い評判を得ているかどうかを調べる際のWikipediaを出発点として利用すること
  • 以上のことが記載されています。

評判、最も良い評判、名声などは品質の良い「E-A-T」にもつながるため、Wikipediaの検索で出てくるウェブサイトなどはSEOの恩恵を受けている可能性が高いことが考えられます。

General Guidelines October 14, 2020」からWikipediaに関しての内容を抜粋したものが以下となります。

評判情報のソース(2.6.2 Sources of Reputation Information)

統計やその他の機械で編集された情報ではなく、人が書いた情報を探してください。ニュース記事、Wikipediaの記事、ブログの投稿、雑誌の記事、フォーラムのディスカッション、および独立した組織からの評価はすべて、評判情報のソースになる可能性があります。独立した信頼できる情報源を探してください。

Wikipediaがウェブサイトの評判を判断する情報にすることが書かれて言います。ウェブサイトの評判は「E-A-T」の信頼性や権威性につながります。

レピュテーション(名声)情報を検索する方法(2.6.4 How to Search for Reputation Information)

有名なニュースサイトからのWikipediaの記事またはニュース記事があるかどうかを確認します。ウィキペディアは、企業、組織、およびコンテンツ作成者に関する優れた情報源になる可能性があります。一部のWikipediaの記事には、一部のコンテンツに不一致があること、またはコンテンツが古くなっている可能性があることをユーザーに警告するメッセージが含まれていることに注意してください。これは、追加の調査が必要であることを示している可能性があります。

ウィキペディアをレピュテーション(名声)の情報検索に利用することが書かれており、名声は「E-A-T」の権威性につながります。

また、WikipediaへのGoogleの信頼度が分かります。

非常に肯定的な評判(5.2 Very Positive Reputation)

最高の評価を与える場合、広範な評判調査が重要です。 非常に肯定的な評判は、多くの場合、ページのトピックに関する既知の専門家または専門家団体からの権威ある賞または推奨に基づいています。 Wikipediaやその他の情報源は、評判調査の良い出発点になる可能性があります。

GoogleはWikipediaを評判確認の出発点とし、そのウェブサイトが本当に最も良い評判を得ているかどうかを調べるように依頼しています。

良くある質問

WikipediaとGoogleに関する良くある質問を以下でご紹介しています。

Googleの信頼度が高いことが掲載理由として挙げられます。

主に以下のポイントがあります。

  • 百科事典という形態から、他のウェブサイトからの参照リンクを集めやすいこと
  • Googleが公開された1998年から約3年後の2001年にWikipediaが作られ、使用されている期間が長く信頼度も高いこと

以上のことが考えられます。

また、Wikipediaの外部からのバックリンク(被リンク)は17億個以上あります。

著作者:辻 昌彦

コメント・フィードバック

フィードバックいただいた、SEOへのご意見や見解は内容を管理者が確認し、当文章に掲載される可能性がございます。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
Wikipedia(ウィキペディア)

WikipediaがSEOに与える影響とは?

Wikipedia(ウィキペディア)がSEOに与える影響として、バックリンク(被リンク)獲得のためにWikipediaを利用することには価値がないことをGoogleは伝えている。

また、Wikipediaのリンクにはnofollow属性が付与されており、Googleのクローラーはリンクを辿り、その該当ページを評価することはない。

しかし、Google検索品質評価ガイドラインでは、ウェブサイトの評判や名声の調査に関してWikipediaを利用することが述べられており、高品質な「E-A-T」を獲得できる可能性があり、SEOに大きな影響を及ぼす可能性が高いと予想できる。

SEOベストプラクティス
  • Wikipediaに掲載されるウェブサイトやサービスを目指すこと
  • 自身でWikipediaに登録してもバックリンクに価値がないことを知っておくこと
参考外部リンク

 

SEO百科事典

SEO百科事典

このSEO百科事典は、SEOの知識データベースであり、備忘録として作成・更新しているウェブサイトです。

Google等の検索エンジンのSEOについての正確な情報及び、当サイトの見解・考察を掲載しながら、閲覧ユーザーの方からのコメントの繁栄、又は質問への回答の反映などを行い、正しい「SEO百科事典」を作ることを目的としています。

 SEO百科事典HOMEへ

 Google検索品質評価ガイドライン(日本語訳)

 運営者情報

 お問い合わせ

 開発ログ