time要素・タグ

time要素とは、HTMLにおいて定義できる特定の時間を表す要素です。正式にはtime要素ですが、timeタグと呼ばれる場合もあります。

日付を機械可読形式に変換することで、更新日や公開日をリマインダーや検索エンジンの結果などに反映される可能性があります。

また、この<time>タグは、HTMLのイベント属性もサポートしています。

SEOに与える影響

Googleなどの検索エンジンのランキング要因として、time要素が影響を与えることはありません。

しかし、検索エンジンに更新日や公開日が記載されることによって、新鮮な情報を求めている検索ユーザーの目に付き、クリック率が向上する可能性はあります。

また、ニュース記事、ブログ記事などの「記事」の公開・更新を行いたい場合は「構造化データ」を利用しArticleなどの「記事の構造化データ」を設定することを推奨します。

time要素のコード例

time要素は、指定する日時や時間を<time></time>タグで囲いHTML内に記述します。

日付を定義する場合の例1

// そのまま機械可読形式を定義する場合
<p>今日は<time>2021-03-03</time>のひな祭りです。</p>

// 日付の文字を任意に変換する場合1
<p>今日は<time datetime="2021-03-03">2021年3月3日</time>のひな祭りです。</p>

// 日付の文字を任意に変換する場合2
<p><time datetime="2021-03">今月</time>の3日はひな祭りです。</p>

// 日付の文字を任意に変換する場合3
<p>今日は<time datetime="2021-03-03">ひな祭り</time>です。</p>

<time>要素は、特定の期間を表し、「datetime」は日付を機械可読形式に変更します。

また、有効な日時として、

  • 「年号のみ(2021)」
  • 「年号と月(2021-03)」
  • 「年号と日付(2021-03-03)」
  • 「年号と週(2021-W47)」

以上が利用できます。

日付と時間を定義する場合の例

<p><time datetime="2021-03">現在の時刻は<time>13:00</time>です。</p>

<p>現在の時間はお昼の<time datetime="2021-03 13:00">13時</time>です。</p>

<p>今日は<time datetime="2021-03 13:00">ひな祭り</time>です。</p>

「ローカルな日付と時刻」また「グローバルな日付と時刻」の定義も行うことが可能です。

時間定義の詳細は「developer.mozilla.org」を確認してください。

著作者:辻 昌彦

コメント・フィードバック

フィードバックいただいた、SEOへのご意見や見解は内容を管理者が確認し、当文章に掲載される可能性がございます。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
time要素・タグ

time要素とは?

time要素とは、HTMLにおいて定義できる特定の時間を表す要素。「timeタグ」と呼ばれる。

検索エンジンの検索結果に反映される可能性があるが、Googleのランキング要因ではない。

しかし、検索エンジンに更新日や公開日が記載されることによって、で新鮮な情報を求めている検索ユーザーの目に付き、クリック率が向上する可能性はある。

SEOベストプラクティス
  • 正しくtime要素を利用すること
  • 記事ページの場合は構造化データも検討する

 

SEO百科事典

SEO百科事典

このSEO百科事典は、SEOの知識データベースであり、備忘録として作成・更新しているウェブサイトです。

Google等の検索エンジンのSEOについての正確な情報及び、当サイトの見解・考察を掲載しながら、閲覧ユーザーの方からのコメントの繁栄、又は質問への回答の反映などを行い、正しい「SEO百科事典」を作ることを目的としています。

 SEO百科事典HOMEへ

 Google検索品質評価ガイドライン(日本語訳)

 運営者情報

 お問い合わせ

 開発ログ