手動による対策(ペナルティ)

手動による対策とは、Google検索においてGoogleのウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に対象のウェブサイトやウェブページが沿っていないと判断された場合に、Googleの担当者がサイト上のページを目視で審査し、そのサイトに対して手動による対策を実施します。

SEO対策を行っている方の中では、このことを俗に「ペナルティ」や「手動ペナルティ」と呼ぶ場合があります。

Googleから手動による対策が行われた場合、Google Search Consoleのメッセージと「セキュリティと手動による対策」に通知されます。

手動による対策(ペナルティ)の通知

手動による対策の一覧としては、

  • ユーザー生成スパム
  • スパム行為のある無料ホスト
  • 構造化データに関する問題
  • サイトへの不自然なリンク
  • サイトからの不自然なリンク
  • 価値のない質の低いコンテンツ
  • クローキング、不正なリダイレクト
  • 悪質なスパム
  • 画像のクローキング
  • 隠しテキスト、キーワードの乱用
  • AMP コンテンツの不一致
  • 不正なモバイル リダイレクト
  • ニュースと Discover のポリシー違反

などが挙げられます。

また、手動による対策を通知され、再審査を行う場合、確認するのはGoogleの担当者であり「人」になります。丁寧な文章で行った対策などを記載して送信しましょう。

良くある質問

手動による対策やペナルティで良くある質問について記載しています。

Google Search Console」に登録することがまずは必要です。

Google Search Consoleに登録後に「手動による対策レポート」より確認することが可能です。手動による対策が行われている場合は「example.comでポリシー違反」などの内容でメッセージが届きます。

Googleは再審査でかかる時間を「数日から 1 週間程度」としており、進行状況はメールで伝えれます。

メールの内容は以下のような内容が一般的です。(解除された場合)

再審査リクエストを受け、貴サイトが Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に違反していないか審査を行いました。この審査に基づき、貴サイトへの手動による対策の一部を調整または取り消しました。Search Console の手動対策ビューアを確認すると、貴サイトにどのような手動による対策が適用されているのかを確認できます。

はい、可能な限り素早く対応することが重要です。あなたのページの検索順位に影響を及ぼす可能性があるからです。

手動による対策レポート」のページを確認し、再審査を行いましょう。

著作者:辻 昌彦

コメント・フィードバック

フィードバックいただいた、SEOへのご意見や見解は内容を管理者が確認し、当文章に掲載される可能性がございます。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
手動による対策(ペナルティ)

手動による対策とは?

手動による対策とは、Google検索においてGoogleのウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に対象のウェブサイトやウェブページが沿っていないと判断された場合に、Googleの担当者がサイト上のページを目視で審査し、そのサイトに対して改善要求を実施することを指す。

このことを俗に「ペナルティ」や「手動ペナルティ」と呼ぶ。

手動による対策が行われた場合、Google Search Consoleを通じて、メッセージやセキュリティと手動による対策の欄に通知される。

 

SEO百科事典

SEO百科事典

このSEO百科事典は、SEOの知識データベースであり、備忘録として作成・更新しているウェブサイトです。

Google等の検索エンジンのSEOについての正確な情報及び、当サイトの見解・考察を掲載しながら、閲覧ユーザーの方からのコメントの繁栄、又は質問への回答の反映などを行い、正しい「SEO百科事典」を作ることを目的としています。

 SEO百科事典HOMEへ

 Google検索品質評価ガイドライン(日本語訳)

 運営者情報

 お問い合わせ

 開発ログ