DMCA(デジタルミレニアム著作権法)

DMCAとは、「Digital Millennium Copyright Act」の頭文字を取った略称で、米国で1998年にデジタルコンテンツにおいての著作権法などを改正する立法(米国著作権法およびその関連法・デジタルミレニアム著作権法)のことを言います。

Googleの検索エンジンにおいて、DMCA(デジタルミレニアム著作権法)に違反されるコンテンツ(著作権を侵害しているコンテンツ)に対して、

  • 法的トラブルシューティングに記載されている手順に沿って申し立てを申請することができる
  • (申請を受けた場合の)異議申し立てを行うことができる

以上のことが可能なことから、日本では「DMCA」と言う場合、Googleに著作権侵害を報告し、コンテンツを検索結果から除外してもらう申請のことを指します。

自身のウェブサイトが著作権侵害を受けている場合は「デジタル ミレニアム著作権法」を確認、著作権侵害の報告をする場合は「法的な理由でコンテンツを報告する」を参照しておきましょう。

また、自身のウェブサイトが著作権侵害に当たる報告を受けた場合、「Search Console」を設定している場合には通知されます。

著作者:辻 昌彦

コメント・フィードバック

フィードバックいただいた、SEOへのご意見や見解は内容を管理者が確認し、当文章に掲載される可能性がございます。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
DMCA(デジタルミレニアム著作権法)

DMCAとは?

DMCA(デジタルミレニアム著作権法)とは、「Digital Millennium Copyright Act」の頭文字を取った略称で、米国で1998年にデジタルコンテンツにおいての著作権法などを改正する立法のことを言う。

Googleの検索エンジンにおいてDMCA違反とみなされるコンテンツに対して、「申し立ての申請」「(申請を受けた場合の)異議申し立て」等が可能なことから、日本では「DMCA」というと、Googleに著作権侵害を報告して、コンテンツを検索結果から除外してもらう申請のことを指す。

 

SEO百科事典

SEO百科事典

このSEO百科事典は、SEOの知識データベースであり、備忘録として作成・更新しているウェブサイトです。

Google等の検索エンジンのSEOについての正確な情報及び、当サイトの見解・考察を掲載しながら、閲覧ユーザーの方からのコメントの繁栄、又は質問への回答の反映などを行い、正しい「SEO百科事典」を作ることを目的としています。

 SEO百科事典HOMEへ

 Google検索品質評価ガイドライン(日本語訳)

 運営者情報

 お問い合わせ

 開発ログ