逆SEO

逆SEOとは、特定の検索キーワードに対して、他のウェブサイトやウェブページを最適化することによって、対象のウェブページの順位を下げるSEO(検索エンジン最適化)を言います。

海外ではリバースSEO(Reverse SEO)とも呼ばれます。

主に、企業としての風評被害(誹謗中傷)や評判管理、ブランドのPRなどに一般的に利用されます。SEOの言葉が支流となってから、2011年頃に登場した言葉です。

逆SEOの一般的な方法として、風評被害や他のページの順位を下げるのではなく、新しいページを作成し、順位を向上させることで、Googleや他の検索エンジンの1ページ目に出ないようにすることになります。

Googleは、2014年頃に誹謗中傷対策という名目で検索結果を人為的に操作する手法は、ガイドラインに違反しない施策を確認するように注意を促しています。

著作者:辻 昌彦

コメント・フィードバック

フィードバックいただいた、SEOへのご意見や見解は内容を管理者が確認し、当文章に掲載される可能性がございます。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
逆SEO

逆SEOとは?

逆SEOとは、特定の検索キーワードに対して、他のウェブサイトやウェブページを最適化することによって、対象のウェブページの順位を下げるSEO(検索エンジン最適化)を指す。

海外ではリバースSEO(Reverse SEO)とも呼ばれる。

 

SEO百科事典

SEO百科事典

このSEO百科事典は、SEOの知識データベースであり、備忘録として作成・更新しているウェブサイトです。

Google等の検索エンジンのSEOについての正確な情報及び、当サイトの見解・考察を掲載しながら、閲覧ユーザーの方からのコメントの繁栄、又は質問への回答の反映などを行い、正しい「SEO百科事典」を作ることを目的としています。

 SEO百科事典HOMEへ

 Google検索品質評価ガイドライン(日本語訳)

 運営者情報

 お問い合わせ

 開発ログ