ロングテールSEO

ロングテールSEOとは、2つ以上のキーワードで上位表示させる検索エンジンの対策のことを言います。

ロングテールSEO

そもそも、ロングテール(the long tail)は、主にネットショップの販売において起こる現象を指し、ニッチであまり売れない商品群の売上合計がメインの商品よりも上回る現象を言います。売れ筋商品の横で、低い数値を記録している商品群が恐竜のしっぽに見えることから名づけられました。

ロングテールSEOの言葉自体は近年利用する機会は少ないですが、SEOではロングテールSEOを行っている場合が多いと言えます。

また、FAQサイトやページを運営している場合、質問の内容をタイトルとする場合もロングテールSEOとなります。

SEOに与える影響

ロングテールSEOは、最低でも2つ以上のキーワードを利用するため、必然的に「titleタグ」に2つのキーワードが盛り込まれます。

この行為により、Googleが推奨している「固有で正確なタイトルを付ける」ことが可能になり、SEOに効果をもたらす可能性があります。

ロングテールSEOの成約率

また、1つのキーワードと比較し、より検索ユーザーのニーズにマッチした記事、内容のページを見せることが可能になり、キーワードがニッチなればなるほど、ウェブページでコンバージョン(成約)を考えている場合は、成約率は上昇する傾向にあり、サービスや商品の訴求で利用されることが多いと言えます。

コメント・フィードバック

フィードバックいただいた、SEOへのご意見や見解は内容を管理者が確認し、当文章に掲載される可能性がございます。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
ロングテールSEO

ロングテールSEOとは?

ロングテールSEOとは、2つ以上のキーワードで上位表示させる検索エンジンの対策のことを言う。

最低でも2つ以上のキーワードを利用するため、必然的に「titleタグ」に2つのキーワードが盛り込まれ、この行為により、Googleが推奨している「固有で正確なタイトルを付ける」ことが可能になり、SEOに効果をもたらす可能性がある。

参考外部リンク

 

SEO百科事典

SEO百科事典

このSEO百科事典は、SEOの知識データベースであり、備忘録として作成・更新しているウェブサイトです。

Google等の検索エンジンのSEOについての正確な情報及び、当サイトの見解・考察を掲載しながら、閲覧ユーザーの方からのコメントの繁栄、又は質問への回答の反映などを行い、正しい「SEO百科事典」を作ることを目的としています。

 SEO百科事典HOMEへ

 Google検索品質評価ガイドライン(日本語訳)

 運営者情報

 お問い合わせ

 開発ログ