Google検索で商品に対し予想配達時間と配送コストの構造化データをサポート開始

Googleは、公式サイトのウェブマスターセントラルブログにて、2020年9月22日より、小売業者がGoogle検索結果の配送詳細を表示するための代替手段としてshippingDetails schema.orgマークアップのサポートを開始することを発表しました。

このマークアップ(構造化データ マークアップ)を利用することで、商品ごとに配送コストと配送に関する予想到達時間に関する詳細を追加できるようになります。

Google検索で商品に対し予想配達時間と配送コストの構造化データをサポート開始
画像出典:小売業者の出荷データに対する新しいSchema.orgサポート

Googleは、送料等が原因でユーザーがショッピングを放棄することをうけ、配送予定時間や配送コストなどは購入を決定する際の重要な事項だと述べています。

発表は、海外のGoogle公式ブログからであり、(当社の調べでは)日本では未確認のマークアップ(現在は米国のみ、英語のみ)となっていますが、日本のGoogle検索に対応されることも近いと言えます。

また、Google検索の無料リストを含む、特定の結果タイプで送料情報を表示することが多いとのことです。マークアップ(構造化データ マークアップ)を行うためには、「Google検索 商品」を確認しておきましょう。

Google検索で「小売業者の出荷データに対する新しいSchema.orgサポート」を行うことによって、運営者にとって一番のメリットは、「Google Merchant Center(マーチャントセンター)」に限定されず、商品の詳細をGoogle検索と共有できる点です。

対象となる事業者やウェブサイト運営者は早めにこのマークアップの確認を行っておくことを推奨します。

コメント・フィードバック

フィードバックいただいた、SEOへのご意見や見解は内容を管理者が確認し、当文章に掲載される可能性がございます。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
Google検索で商品に対し予想配達時間と配送コストの構造化データをサポート開始

構造化データとは?

構造化データとは、検索エンジンに対してページ内のデータ(コンテンツ内のデータ)をより理解してもらうために、標準化されたデータ形式。

この構造化データを利用することによって検索エンジンはコンテンツをデータベース化し、よりコンテンツを認識されやすくするとともに、Googleの検索結果では「リッチリザルト(リッチスニペット)」を表示する可能性がある。

 

SEO百科事典

SEO百科事典

このSEO百科事典は、SEOの知識データベースであり、備忘録として作成・更新しているウェブサイトです。

Google等の検索エンジンのSEOについての正確な情報及び、当サイトの見解・考察を掲載しながら、閲覧ユーザーの方からのコメントの繁栄、又は質問への回答の反映などを行い、正しい「SEO百科事典」を作ることを目的としています。

 SEO百科事典HOMEへ

 Google検索品質評価ガイドライン(日本語訳)

 運営者情報

 お問い合わせ

 開発ログ