whois情報

Whoisとは、IPアドレス(AS番号の割り振り・割り当て)やドメイン名の登録者等に関する情報をインターネットユーザーが誰でも参照でき、「インターネットレジストリ」が管理するインターネット資源の登録情報を提供するサービスです。Whoisの登録者等に関する情報を「whois情報」又は「whoisデータ情報」とも呼ばれています。

SEOに与える影響

SEOにおいて、Whois情報の内容や公開・非公開に関しては度々議題には上がりますが、Googleのジョン・ミュラー氏は「何も変わらない(SEOに影響がない)」とTwitterで回答しています。

Googleのジョン・ミュラー氏は「何も変わらない(SEOに影響がない)」とTwitterで回答

@zakariyausman83:SEOの観点からWHOIS情報を公開しておくことはウェブサイトの信頼と権威に役立ちますか?Google自体はレジストラ(登録者からドメイン名の登録申請を受け付け、その登録データをレジストリのデータベースに登録する機関)であり、任意のウェブサイトのドメイン情報にアクセスできますよね。
@JohnMu:何も変わりません。

Googleのジョン・ミュラー氏は「何も変わらない(SEOに影響がない)」とTwitterで回答2

@inkovic:それでは、Googleはリンクネットワークとそのようなものを根絶するためにWHOISのようなものからの情報を使用しませんか?
@JohnMu:ドメイン登録を非公開にしても、ドメインはリンクネットワークの一部にはなりません。

しかし、一部のSEOコンサルタント・マーケティングを行う人は「SEOに関係があるのではないか?ランキングに少しだけ影響を与えるのではないか?」と伝えています。

理由としては、Whois情報を公開している場合、Google検索に信頼を与えやすい、またドメインの登録している年数が長ければ長いほど、そのウェブサイトのGoogle検索への信頼度が増すのではないかという見解です。

多くのウェブサイトで議論が行われていますが、詳細は定かではありません。

著作者:辻 昌彦

コメント・フィードバック

フィードバックいただいた、SEOへのご意見や見解は内容を管理者が確認し、当文章に掲載される可能性がございます。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
whois情報

Whoisとは?

Whoisとは、IPアドレス(AS番号の割り振り・割り当て)やドメイン名の登録者等に関する情報をインターネットユーザーが誰でも参照でき、「インターネットレジストリ」が管理するインターネット資源の登録情報を提供するサービスを指す。

Whoisの登録者等に関する情報を「whois情報」又は「whoisデータ情報」とも呼ぶ。

GoogleはWhois情報の公開、非公開に関して、「何も変わらない・SEOに影響がない」と回答している。

 

SEO百科事典

SEO百科事典

このSEO百科事典は、SEOの知識データベースであり、備忘録として作成・更新しているウェブサイトです。

Google等の検索エンジンのSEOについての正確な情報及び、当サイトの見解・考察を掲載しながら、閲覧ユーザーの方からのコメントの繁栄、又は質問への回答の反映などを行い、正しい「SEO百科事典」を作ることを目的としています。

 SEO百科事典HOMEへ

 Google検索品質評価ガイドライン(日本語訳)

 運営者情報

 お問い合わせ

 開発ログ