HTTPとは、「Hyper Text Transfer Protocol(ハイパーテキストトランスファープロトコル)」のことを言い、ウェブサイトのデータ(文字や画像や動画など)をサーバーと閲覧するクライアントの間で通信するときの通信規約(プロトコル)のことです。

このプロトコルはウェブサイトを表示するための世界共通ルールです。

一方、HTTPSとは、Hypertext Transfer Protocol Secure(ハイパーテキストトランスファープロトコルセキュア)のことで、SSL(Secure Socket Layer)を利用したHTTP通信であり、「通信内容を秘匿する暗号機能」「通信相手の真正性」「通信データが改ざんされていないか検知する機能」を持つ通信規約(プロトコル)のことです。

HTTPとの違いとして、HTTPSは通信内容が暗号化されており、暗号化されることによってウェブサイトのデータのやり取りが安全に保護された状態になります。

HTTPとの違いとしてHTTPSは通信内容が暗号化されている

また、「SSLサーバー証明書」を取得することでウェブサイトのHTTPS化が可能となります。

SEOに与える影響

現在では、Googleが提供する Chromeブラウザでは、HTTPのウェブページに対して「保護されていません」と表示されるようになりました。

Chromeブラウザでは、HTTPのウェブページに対して「保護されていません」

同時にウェブアドレスの左側にあるアイコンでサイトの安全性に関するステータスを、

  • 保護 保護された通信
  • サイト情報を表示  情報、または保護されていない通信
  • 危険 保護されていない通信、または危険

以上のように確認できるようになっています。

SEO対策においては、ウェブサイト・ページが「HTTPS」であることをGoogleはランキングシグナルに利用しており、2014年から現在までランキング要因となっております。

また、2015年よりウェブページがHTTPSであれば、Googleはそのページを優先的に インデックス 登録が行われるようになっています。

ウェブページ全体をHTTPSに対応するSSL化はSEOの初歩であり、ウェブサイトを改ざんなどから保護する目的としても重要な設定となります。

良くある質問

HTTPSやSSLサーバー証明書について良くある質問をまとめています。

はい、2014年からGoogleはランキングシグナルに利用しており、2021年現在もランキング要因です。

しかし、HTTPSを対応していたからと言って、コンテンツが優れたページを上回ることはありません。他のウェブページとコンテンツ内容が競合している場合、HTTPS対応をしている方が上位に表示されるイメージとなります。

「Let’s Encrypt」でも問題なく、HTTPS対応となるため、SEOの恩恵を受けることが可能です。

SSLサーバー証明書は主に、「ドメイン認証型」「企業認証型」「EV(Extended Validation)」と3種類ありますが、SEO対策においては、どれを選んでも同じ効果となります。

Googleは、より多くの HTTPSページを探すよう、インデックスシステムを調整しています。そのため、HTTPSに対応することによってインデックス登録が優先的に登録されます。

常時SSLとは、ウェブサイト内のお問い合わせフォームやログインページだけではなく、すべてのページをSSL化することを言います。

(ウェブページどれを開いてもHTTPSとなっている状態です。)

ウェブサイトのセキュリティとSEO対策を考えたときは「常時SSL」となっている必要があるため、すべてのページに適用しましょう。

コメント・フィードバック

フィードバックいただいた、SEOへのご意見や見解は内容を管理者が確認し、当文章に掲載される可能性がございます。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
HTTPS

HTTPSとは?

HTTPSとは、SSL(Secure Socket Layer)を利用したHTTP通信であり「通信内容を秘匿する暗号機能」「通信相手の真正性」「通信データが改ざんされていないか検知する機能」を持つ通信規約(プロトコル)。

Google検索では2014年からウェブサイト・ページがHTTPSであることをGoogleはランキングシグナルに利用。また、HTTPSであればGoogle検索に優先的にインデックス登録が行われる。

 

SEO百科事典

SEO百科事典

このSEO百科事典は、SEOの知識データベースであり、備忘録として作成・更新しているウェブサイトです。

Google等の検索エンジンのSEOについての正確な情報及び、当サイトの見解・考察を掲載しながら、閲覧ユーザーの方からのコメントの繁栄、又は質問への回答の反映などを行い、正しい「SEO百科事典」を作ることを目的としています。

 SEO百科事典HOMEへ

 Google検索品質評価ガイドライン(日本語訳)

 運営者情報

 お問い合わせ

 開発ログ