ファビコン(favicon)

ファビコン(favicon)とは、ウェブサイトのシンボルマーク・イメージとして設置するアイコンであり、検索ユーザーにとってはウェブサイトの運営者のブランドを識別する要素にもなります。

一般的にファビコンは、ロゴやブランドの最初の文字、業種を表す画像などを設定する48pxの倍数の画像となり、favicon.icoというファイルで作成します。

ブラウザ等のブックマークを行った場合に表示されるアイコンとして利用されており、現在ではGoogleのモバイル検索結果にも表示されています。

SEOに与える影響

ファビコン(favicon)を設定しても未設定でも、Google等の検索エンジンに与える影響はありません。

しかし、検索エンジンを閲覧する検索ユーザーには視覚的に影響を与えることが可能であり、検索結果でのウェブサイトの信頼度の向上や信頼度が向上することによるクリック率の向上、お気に入り登録の目印となるため、ファビコンを設定することを推奨します。

現在は、PC(デスクトップ)検索結果では、ファビコンは表示されず、モバイル(スマホ)検索結果のみ表示されています。

また、Google検索結果に表示されるファビコンにおいては、サブドメイン 単位で設定し表示することが可能です。

Googleに適したファビコン(favicon)の作成方法

Googleはファビコン(favicon)に関するガイドラインを公開しています。

コード例

// 次のいずれかを指定することが可能です。
<link rel="shortcut icon" href="/path/to/favicon.ico">
<link rel="icon" href="/path/to/favicon.ico">
<link rel="apple-touch-icon" href="/path/to/favicon.ico">
<link rel="apple-touch-icon-precomposed" href="/path/to/favicon.ico">

URLの指定は絶対パスでも相対パスでもどちらでもOKですが、運営しているウェブサイトと同じドメインである必要があります。

ガイドラインに関して

  • Googleの検索結果にファビコンを表示させるためには、以下のことが重要です。
  • Googlebotがファビコンをクロールできること(ブロックしないこと)
  • ウェブサイトのブランドを視覚的に表したものであること
  • 48ピクセルの倍数になっていること(例:48 x 48 ピクセル、96 x 96 ピクセル、144 x 144 ピクセル等)
    (ただし、SVG ファイルの場合は、サイズに関して特別な指定はない。)
  • ファビコンを掲載するURLを繁盛に更新・変更しないこと
  • わいせつな表現やヘイト表現に関連するシンボルなどではないこと

以上のことが、Googleの検索結果に表示されるポイント挙げられ、ガイドラインを守ったとしても表示されない場合もあります。

※今までの経験ですが、ファビコンが表示されないことは稀ですので、基本Googleのクロールをブロックしていない限り表示されます。

Googleのファビコン(favicon)での歴史

2019年5月:モバイル検索結果でファビコンの表示

2019年5月:モバイル検索結果でファビコンの表示

Googleの公式ブログ「A new look for Google Search(Google検索の新しい外観)」にて報告があり、モバイル検索結果のデザインを一新した際に、ファビコンが表示されるようになりました。

2019年1月:PCでの検索結果でファビコンを表示するも一旦非表示へ変更

2019年1月14日にGoogle公式Twitterで、PC(デスクトップ)の検索結果にもファビコン(favicon)を表示することを報告しました。

2019年1月:PCでの検索結果でファビコンを表示する

昨年、モバイルでの検索結果が一新されました。今週はデスクトップの結果にロールアウトされ、サイトのドメイン名とブランドアイコンが目立つように表示され、広告の太字の「広告」ラベルが表示されます。

しかし、GoogleはフィードバックをTwitterで受け付けた結果、米国を中心に検索結果のデザインに批判が集中し、1月25日にデスクトップ検索でのファビコンの表示を非表示に変更しました。

2019年1月:PCでの検索結果でファビコンを表示するも一旦非表示へ変更

デスクトップの設計に関する初期のテストは肯定的でした。しかし、ユーザーからのフィードバックを積極的に取り入れています。今後、人々がGoogleに寄せる信頼に感謝し、エクスペリエンスの向上に専念しています。

私たちの実験は今日から始まります。今後数週間にわたって、テスト中にファビコンが表示されない場合もあれば、デスクトップにモダンな外観をもたらすために別の場所でファビコンが表示される場合もあります…。

以上のような回答をGoogleは行っており、現在でもファビコンはデスクトップの検索結果では表示されません。

コメント・フィードバック

フィードバックいただいた、SEOへのご意見や見解は内容を管理者が確認し、当文章に掲載される可能性がございます。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
ファビコン(favicon)

ファビコン(favicon)とは?

ファビコン(favicon)とは、ウェブサイトのシンボルマーク・イメージとして設置するアイコンであり、検索ユーザーにとってはウェブサイトの運営者のブランドを識別する要素。

Google等の検索エンジンに与える影響はないが、ブラウザ等のブックマークを行った場合に表示されるアイコンとして利用されており、現在ではGoogleのモバイル検索結果にも表示されている。

 

SEO百科事典

SEO百科事典

このSEO百科事典は、SEOの知識データベースであり、備忘録として作成・更新しているウェブサイトです。

Google等の検索エンジンのSEOについての正確な情報及び、当サイトの見解・考察を掲載しながら、閲覧ユーザーの方からのコメントの繁栄、又は質問への回答の反映などを行い、正しい「SEO百科事典」を作ることを目的としています。

 SEO百科事典HOMEへ

 Google検索品質評価ガイドライン(日本語訳)

 運営者情報

 お問い合わせ

 開発ログ