XMLサイトマップ

XMLサイトマップとは、ウェブサイトのURLリストを指し、検索エンジンにそのURLリストの「クロール」を行ってもらう目的があり、利用が可能なコンテンツとそのアクセス方法を伝えるロードマップとして機能します。

(当サイトでもXMLサイトマップを利用しており、「こちらから確認」してみてください。)

さらに、XMLサイトマップは、そのページがいつ更新されたか、ページの更新頻度、ウェブサイト内の相対的な重要性、及びサイト構造の深い位置にあるコンテンツを検索エンジンに伝え、「インデックス」を促すように通知することが可能です。

SEOに与える影響

XMLサイトマップがSEOに与える影響

SEOに与える影響としては、XMLサイトマップが公開されている、又は「Search Console」等から送信されているものに関して、Google検索エンジンのクローリングの手助けとなり、簡単に認識してくれるため、ページの「インデックス」登録・又は解除を高速化することが可能になります。

インデックスが高速化することにより、ウェブページへのGoogleのランク付けがスムーズに行われることから、SEOの効果は高いと言えるでしょう。

補足として、XMLサイトマップの未作成、又はGoogleに送信していない場合でも、Googleは公開されるウェブページのリンクをたどりながら、公開されているウェブページ見つけることが可能です。つまり、Googleにインデックス登録されます。

さらに、XMLサイトマップを送信したからと言って必ずしもGoogleがクロール、又はインデックス登録するわけではありません。(Googleへのインデックス登録が保証されている訳ではないいと言う意味です。)

GoogleはXMLサイトマップとRSS・Atomフィードの両方送信を推奨

GoogleはXMLサイトマップとRSS・Atomフィードの両方送信を推奨

XMLサイトマップのファイルサイズは通常大きくなり、Googleのダウンロード頻度が低くなる傾向にあります。逆にRSS・Atomフィードは通常小さいファイルサイズです。

そのため、XMLサイトマップと同時に「RSSフィード 又は Atomフィード」を送信する(Search Consoleで伝える)と、Googleにすべての更新をさらにスピーディに知らせることに役立ちます。

これらのことをGoogleは公式ページの「Best practices for XML sitemaps & RSS/Atom feeds」で推奨しています。

XMLサイトマップの作成コード

XMLサイトマップは通常以下のコードで形成されます。

  • ページがWebサイトのどこにあるか(そのURL):<loc>URL</ loc>
  • ページが最後に変更された日時:<lastmod>日時</ lastmod>
  • 任意:ページが変更される頻度:<changefreq>頻度</ changefreq>
  • 任意:サイト上の他のページとの関係でページが持つ優先度:<priority>優先</ priority>

また、XMLサイトマップは通常、1ファイル50,000件のURLが上限となっております。(ニュースと画像のXMLサイトマップは例外で1ファイル1,000件)

Google公式ページの「サイトマップの作成と送信」を合わせて確認しておきましょう。

Googleが伝えているXMLサイトマップコードについて

結論として、<priority>は設定が難しければ不要で、<lastmod>は必ず設定しておきましょう。

<priority>はGoogleが無視する

ページの優先度である「<priority>」は、Googleは参考にせず(無視して)クロールします。

(2017年3月のGoogleのゲイリー氏のTwtitterより)

2017年3月のGoogleのゲイリー氏のTwtitter

(Googleは、)それら(<priority>)を無視します。本質的に不要な情報の集合体だからです。

<lastmod>は情報が正確ならGoogleは利用する

(2017年4月のGoogleのゲイリー氏のTwtitterより)

<lastmod>は情報が正確ならGoogleは利用する

最終更新(<lastmod>)が充分に正確であれば使うと思います。

通常のXMLサイトマップ例

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<urlset xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9">
<url>
<loc>http://www.example.com/foo.html</loc>
<lastmod>2018-06-04</lastmod>
<changefreq>monthly</changefreq>
<priority>0.8</priority>
</url>
</urlset>

※「<changefreq>monthly</changefreq>」と「<priority>0.8</priority>」は任意の項目です。

ニュースのXMLサイトマップ例

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<urlset xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9"
xmlns:news="http://www.google.com/schemas/sitemap-news/0.9">
<url>
<loc>http://www.example.org/business/article55.html</loc>
<news:news>
<news:publication>
<news:name>The Example Times</news:name>
<news:language>en</news:language>
</news:publication>
<news:publication_date>2008-12-23</news:publication_date>
<news:title>Companies A, B in Merger Talks</news:title>
</news:news>
</url>
</urlset>

ニュースのXMLサイトマップは、サイトマップ公開の他に、以下の条件を満たす必要があります。

過去2日以内に公開された記事のURLを含めること

新しい記事を公開したら、その記事でニュース サイトマップを更新すること

サイトマップに追加するURLは1,000個までとすること

更新は、新しいサイトマップを作成せず、新しい記事のURLを追加して現在のサイトマップを更新すること

ニュースサイトマップの作成にGoogleサイトマップ生成ツールを使用しないこと

上級者向けのSEOのため、利用する場合は「Google ニュース サイトマップ」をよく確認しておきましょう。

動画のXMLサイトマップ例

<urlset xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9"
xmlns:video="http://www.google.com/schemas/sitemap-video/1.1">
<url>
<loc>http://www.example.com/videos/some_video_landing_page.html</loc>
<video:video>
<video:thumbnail_loc>http://www.example.com/thumbs/123.jpg</video:thumbnail_loc>
<video:title>Grilling steaks for summer</video:title>
<video:description>Alkis shows you how to get perfectly done steaks everytime</video:description>
<video:content_loc>
http://streamserver.example.com/video123.mp4</video:content_loc>
<video:player_loc>
http://www.example.com/videoplayer.php?video=123</video:player_loc>
<video:duration>600</video:duration>
<video:expiration_date>2021-11-05T19:20:30+08:00</video:expiration_date>
<video:rating>4.2</video:rating>
<video:view_count>12345</video:view_count>
<video:publication_date>2007-11-05T19:20:30+08:00</video:publication_date>
<video:family_friendly>yes</video:family_friendly>
<video:restriction relationship="allow">IE GB US CA</video:restriction>
<video:price currency="EUR">1.99</video:price>
<video:requires_subscription>yes</video:requires_subscription>
<video:uploader
info="http://www.example.com/users/grillymcgrillerson">GrillyMcGrillerson
</video:uploader>
<video:live>no</video:live>
</video:video>
</url>
</urlset>

さらに詳しくは「動画サイトマップのガイドライン」を参照しておきましょう。

画像のXMLサイトマップ例

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<urlset xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9"
xmlns:image="http://www.google.com/schemas/sitemap-image/1.1">
<url>
<loc>http://example.com/sample.html</loc>
<image:image>
<image:loc>http://example.com/image.jpg</image:loc>
</image:image>
<image:image>
<image:loc>http://example.com/photo.jpg</image:loc>
</image:image>
</url>
</urlset>

画像のXMLサイトマップに関しては公式ページの「画像サイトマップ」で公開されています。Google等の画像検索から「トラフィック」が多いウェブサイトは利用しておきましょう。

また、動画のXMLサイトマップのURL上限は1ファイル1,000件となります。

XMLサイトマップをGoogleに伝える方法

XMLサイトマップの作成、公開が終わったら、検索エンジンに情報を必ず伝えておきましょう。また、Googleだけではなく「Bingウェブマスターツール」でBingの検索エンジンにも伝えておくことを推奨します。

Google Search Consoleから伝える

Search ConsolからXMLサイトマップを伝える

Search Consoleのインデックス>ガバレッジから、「新しいサイトマップを追加」を選んで送信するだけです。

エラーになった場合は、URLの間違いや、XMLサイトマップのコードが違う可能性があるため、再度確認して送信しましょう。

送信したXMLサイトマップの確認や削除も可能

送信したXMLサイトマップの確認や削除も可能

送信した、サイトマップXMLの詳細から、「サイトマップを開く」のボタンで送信されたサイトマップXMLを確認することが可能です。

また、サイトマップの削除も可能です。

robot.txtファイルから伝える

robots.txtファイル」は検索エンジンのロボット(クローラー)に、どのページやファイルをそのウェブサイトから取得できるのか、取得することが出来ないのかを指示をして知らせるためのテキストファイルです。

そのため、以下のようなrobots.txtファイルを作成し、Sitemapを記載しておきます。

# 通常のウェブサイトの場合
User-agent: *
Disallow:/example/
Sitemap:http://example.com/sitemap.xml

 robots.txtファイルの詳細へ

良くある質問

XMLサイトマップの良くある質問を掲載しておきます。

WordPress 5.5バージョンより、XMLサイトマップは標準装備されています。

ファイル名は「wp-sitemap.xml」となるため、「http://example.com/wp-sitemap.xml」で確認することが可能です。ただ、機能が不十分だという声もあり、プラグインで対応する場合も多いです。

よく、XMLサイトマップで利用されるプラグインとしては、

があります。ご自身のウェブサイトに合うプラグインを利用してください。

ウェブサイトのページとして、作成するサイトマップは、閲覧するユーザーのために、ページの情報を伝えるためのHTMLファイルで、ウェブページに作成されます。

一方、XMLサイトマップは、検索エンジンにサイト内のURLリストを伝えるロードマップとしてのXMLファイルです。

 

直接、URLを調べることでXMLファイルを確認することが可能で、「http://example.com/sitemap.xml」等で確認することが出来ます。

また、WordPressの標準装備されたXMLファイルは「http://example.com/wp-sitemap.xml」で確認できます。

 

Google検索では、XMLサイトマップのURL上限は50,000件です。

また、画像サイトマップ、Googleニュースサイトマップでは、上限は1,000件となります。上限を超える場合、ファイルを分割してXMLサイトマップを作成しましょう。

Googleにおいては、圧縮していない状態で50MB以下にする必要があります。

URLの件数に関係なく、50MBを超える場合はXMLサイトマップファイルを分割しましょう。

コメント・フィードバック

フィードバックいただいた、SEOへのご意見や見解は内容を管理者が確認し、当文章に掲載される可能性がございます。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
XMLサイトマップ

XMLサイトマップとは?

XMLサイトマップとは、ウェブサイトのURLリストを指す。検索エンジンにURLリストのクロールを行ってもらう目的があり、利用が可能なコンテンツとそのアクセス方法を伝えるロードマップとして機能する。

XMLサイトマップは、そのページがいつ更新されたか、ページの更新頻度、ウェブサイト内の相対的な重要性などを通知することも可能。

SEOに与える影響として、検索エンジンのクローリングの手助けとなり、簡単に認識してくれるため、ページのインデックス登録・又は解除を高速化することが可能になる。

 

SEO百科事典

SEO百科事典

このSEO百科事典は、SEOの知識データベースであり、備忘録として作成・更新しているウェブサイトです。

Google等の検索エンジンのSEOについての正確な情報及び、当サイトの見解・考察を掲載しながら、閲覧ユーザーの方からのコメントの繁栄、又は質問への回答の反映などを行い、正しい「SEO百科事典」を作ることを目的としています。

 SEO百科事典HOMEへ

 Google検索品質評価ガイドライン(日本語訳)

 運営者情報

 お問い合わせ

 開発ログ